menu

HOME > ブログ新着一覧 > これで完璧!市場価格調整について

【知っておきたい保険の話】

2022/10/24 月曜日 1:18 PM

”価値”が高いのは”新車”か”旧車”か

☆内容に入る前に告知です!!

11月26日(土)14:00~15:30

 

上記日程にて

 

”失敗しない”住宅購入セミナーを

 

ホルトホール大分で

 

伊予銀行様と共催にて開催いたします!!

 

参加費は無料ですので、この機会にぜひお申し込みください!!

 

▽申込みはこちらから

https://www.secure-cloud.jp/sf/1663986610xOgYbBNR

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

急速な円安の進行により

外貨で運用を行う”外貨建て保険商品”が

連日非常に高い利率を叩き出しています。

 

その結果、

弊社で取り扱っている外貨建て保険も

 

例年に比べて

非常に多くの方に支持されていますが

その外貨建て保険に適用されている

『市場価格調整』についての説明には

ご理解頂くのにいつも苦労していました^_^;

 

市場価格調整とは

保有債権の売却時に

市場の債権価格の変動の影響を受けるため

受け取り時の解約返戻金の額が

その時の状況によって異なる現象を指しますが、

 

 

字面だけ見ても、もう全く意味不明ですよね。

 

この説明を

いかに簡潔に、わかりやすく伝える方法はないかと

模索していましたが

 

遂に・・・

 

遂に、見つけてしまいました・・・。

(見つけたというか、自分が受けた説明で

1番分かりやすかった説明をそのまま使わせてもらっているだけですが…)

 

それが以下。

 

例えば、ある車を購入したとして。

 

数年後、その車を売却しようとするとします。

 

その時、その車の次の世代(新型)が販売されていたとして

 

その新型が人気だった場合、

 

自分が乗っている車の査定価格は

 

新型車よりも劣る可能性は高いでしょう。

 

では一方で、

 

その新型車のデザインがいまいちで

 

保有している車(旧車デザイン)の方が

 

支持されていたとすると?

 

売却時の査定価格は?

 

むしろ上がる可能性もありますよね。

 

この現象が、”債権”で起こる。

 

それが、”市場価格調整”

 

↑ざっくりこんな感じです。

 

どうでしょう?

イメージは何となく掴めましたでしょうか?

 

こういった小難しい仕組みは、

100%理解しようとするのではなく

ざっくりとしたイメージを描くのが大切だと思います(o^^o)

 

ただ、これだけ見てもいまいちピンとこない方もいらっしゃると思いますので、しっかり詳しく知りたいという方は、直接ご連絡ください〜!

 

完璧に仕上がった(?)説明をさせて頂きますので(゚Д゚)クワッ

 

首藤

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL

https://fp-heart.com/kanri/wp-trackback.php?p=1909