menu

HOME > ブログ新着一覧 > 【退職金は受け取れる?】今一度『就業規則』をチェックしよう!

【みんな気になる老後の話】

2022/8/19 金曜日 11:20 AM

法人事務所や常時従業員を5人以上雇用している個人事業所は、

社会保険や雇用保険への加入が法律で義務づけられていますが

退職金制度にはそのような法的な義務がなされておらず、

『当然にもらえるもの』ではありません。

 

つまり、企業は退職金制度を導入する義務はないため

あくまで『企業側の判断で設けられている制度』といえるでしょう。

 

また、退職金制度を設けていても、

支給対象者や、勤続年数などを企業が個別で定めているため

同じ会社に勤めていても、

退職金を受け取れる金額は、その方の雇用形態や勤続年数などによっても

異なる可能性が考えられます。

 

退職金を設けている企業は

一般的に退職金に関する規定を就業規則に定めていますので

何となくしか把握されていない場合は、

今一度

就業規則を確認してみると良いでしょう。

 

補足ではありますが、

退職金は一時金で受け取るか、年金形式で受け取るかなどで

課税関係も変化するため、

その点も含めてきちんとイメージしておくと尚良いですね。

 

退職金等、リタイア後のご相談なども多数承っておりますので

気になる方は遠慮無くお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL

https://fp-heart.com/kanri/wp-trackback.php?p=1822