menu

HOME > ブログ新着一覧 > 【10年間で30%減少⁉】カントリーマアムの2040年問題について

【みんな気になる家計の話】

2022/8/17 水曜日 10:47 AM

みなさんこんにちは☺おなじみFP首藤です☺

さて、まずは以下のデータをご覧ください。

 

2005年 定価323円 一袋数量:30枚 1枚あたり重量:11g

 

2007年 定価323円 一袋数量:28枚 1枚あたり重量:10.5g

 

2009年 定価323円 一袋数量:24枚 1枚あたり重量:10.5g

 

2014年 定価323円 一袋数量:20枚 1枚あたり重量:10.5g

 

2016年 定価323円 一袋数量:20枚 1枚あたり重量:10g

 

2022年 定価323円 一袋数量:19枚(7月発売分~)

 

この数字は

日本人が愛してやまない『カントリーマアム』の数量変化の推移になります。

いわゆる『隠れ値上げ』と呼ばれるものですね。

 

中身の量を減らしていくことで、何とか『販売価格』自体は値上げせずに

据え置きとする、これもひとつの企業努力と言えるでしょう。

 

しかし、ここ10年ほどの間に、なんと約30%以上も中身が減少したと考えると、おそろしいほどの『隠れ値上げ』にも感じてしまいますね。

 

また今年の7月からは、さらに20枚⇒19枚に数量が変わります。

 

この推移でいくと、

 

『2040年にはカントリーマアムは消滅してしまうのでは?』

 

といったことも、まことしやかに囁かれていますね。

 

もしくは消滅を避けるため

今度はその削減された内容量そのままに、販売価格を引き上げにかかることも多いに考えられるでしょう。

 

インフレや、

円の価値が下がっているといわれても、

いまいちピンこられないかと思いますが、

このような身近な点から

インフレなどの『円の価値の減少』を実感することが、

経済動向に関心を持つひとつの機会となるのかもしれませんね。

 

それにしても恐ろしい話です。

しっかり家計を見直して、

インフレや物価高に負けないようにしていきましょう。

 

私たちプロのサポートが必要な方は、

お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

首藤

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL

https://fp-heart.com/kanri/wp-trackback.php?p=1819