menu

HOME > ブログ新着一覧 > 大分県の地震発生率

【知っておきたい保険の話】

2022/4/6 水曜日 3:50 PM

地震保険を見直すには今がチャンス!?

みなさんこんにちは!

 

本日は、

大分県の地震発生率に関して簡単に解説していきます。

 

大分県に住んでいる方々は、

温泉の多さなどから

なんとなく他の県よりも地震の多いイメージだと思いますが

実際に数字で理解されている方は少ないと思います。

 

そこで今回は、政府の地震調査員会が発表した

『地震ハザードカルテ』の中から

大分県が将来的にどれくらいの確率で

地震の影響を受けやすいのか?

を見ていきたいと思います。

 

地震ハザードカルテは、

今後30年間で発生する地震の確率を震度ごとに発表していますが

その中の震度6弱の発生率が以下になります。

 

◇福岡  6.2%

◇佐賀  9.2%

◇長崎  3.0%

◇大分  55.2%

◇熊本  11.3%

◇宮崎  42.6%

◇鹿児島 17.7%(離島除く)

◇沖縄  20.8%(離島除く)

 

いかがでしょうか?

数字にしてみると

大分県は、九州の中でも

圧倒的に地震発生率が高いことがお分かりいただけます。

 

大分県の地震発生率を押し上げている要因は、

南海トラフ地震発生の恐れが高まっていることや、

県内に活断層帯が多いことが影響しているとの見解もありますが

 

いずれにしても『万が一のこと』が起こるケースは

隣接している九州の他の県に比べて非常に高いといえるでしょう。

 

災害はいつなんどき訪れるかわかりませんので

きっちりと『リスク管理』を行っておきたいところですね。

なお、地震からご自身の資産を守ってくれる『地震保険』は

今年改正が行われますので

見直し時期としては今がベストのタイミングかもしれません。

 

弊社も、損害保険を取り扱っておりますので

気になる方は遠慮なくご連絡頂ければと思います。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL

https://fp-heart.com/kanri/wp-trackback.php?p=1673