menu

HOME > ブログ新着一覧 > 未来の住宅・スタンダードモデル

【知っておきたい経済の話】

2022/3/2 水曜日 5:04 PM

【ZEH】新築住宅のニュースタンダード

2022年4月、つまり来月から住宅ローン控除が改正となります。

本改正によって控除率や控除限度額などが

縮小される形となりますので、

今後住宅の購入を検討されている方々には

少し手痛いニュースといえるでしょう。

 

その中で、新たに「省エネ基準」が設けられるようになり

環境性能の高い省エネ住宅(認定住宅)などには、

優遇措置が図られることとなりました。

 

そこで今回の記事では、

政府が水面下で推し進めている省エネ住宅やZEHなどを

簡単にご紹介したいと思います。

 

そもそも家庭のエネルギー消費の割合は

その多く(約30%)が暖冷房といわれています。

省エネ住宅は、冬の寒い時期に熱を逃さない「断熱」と、夏に熱を侵入させない「日射遮蔽」性能を高めることで、

暖冷房のエネルギーを抑えることのできる住宅を指しています。

 

なお、省エネ住宅の最終目標として、

ZEH(ゼッチ)と呼ばれるものがあります。

 

ZEHは、省エネ性能を上げつつ、エネルギーを「創り出す」ことで消費エネルギー量の収支をプラスマイナスゼロにする住宅を指します。

ちなみに、余ったエネルギーは売電することも可能です。

 

2025年以降の新築住宅には、省エネ性能が義務化されますので

今後は省エネ住宅の目標でもある

ZEHが、未来のスタンダードモデルとなるのかもしれませんね。

 

 

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL

https://fp-heart.com/kanri/wp-trackback.php?p=1639