menu

HOME > ブログ新着一覧 > 住宅購入前に「災害リスク」の確認を

スタッフブログ

2022/2/22 火曜日 10:20 AM

みなさんこんにちは。

大分では、今からちょうど一か月前の1月22日に

震度5強の大型地震が発生しましたね。

私が住んでいるマンションも、いくつか大きな亀裂が入ってしまい、

それらを見つけたときはドキッとしてしまいました。

 

この機会を通して、

今一度「リスク管理能力」をしっかりと養っていかなければいけないなと、

私自身も痛感している次第でございます。

 

さて今回は、

住宅購入時のリスク管理において、

意外と忘れられがちな「災害リスク」について、触れていきます。

 

新居の購入時には、

例えば住宅ローンの借入額や、長期的な返済可能額、

また自身の職場との距離感や

子どもの教育環境など、

あげればキリがないほど多岐にわたり、ご検討されると思います。

 

その中で、大切だけど忘れられがちなモノに、「災害リスク」があるといえます。

特に日本は、地震や台風などの自然災害が発生しやすいため、大規模な災害が発生した時に、ご自身の希望する立地・物件が被害にあう可能性がどのくらい高いのか、予め予測しておくことが大切です。

 

安心した「終の棲家」にするためにも

各自治体で公開されている「ハザードマップ」を確認してみたり、

希望物件の「耐震性」を確認しておくことで、

後々に大きく活きてくる日が訪れるかもしれませんね。

 

余談ですが

近年では

いざという時の「避難の判断材料」として利用できるようにと、

ハザードマップアプリなども各自治体で配信され始めています。

 

例えば大分市では、

洪水ハザードマップの浸水データや

指定緊急避難場所等の防災情報を搭載した、

「大分洪水ハザードアプリ」などが存在します。

万が一の事態は、起こってからでは対応が難しいため、必要に応じてこのようなアプリも取り入れながら、少しずつ準備しておきましょう。

 

※耐震性に関しては、判断ポイントがいくつか存在しますが、

一概に判断できないものも多く含まれるため、

不明な場合はご相談ください。

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL

https://fp-heart.com/kanri/wp-trackback.php?p=1626