menu

HOME > ブログ新着一覧 > 住宅ローン相談

ファイナンシャルプランナーのつぶやき

2012/6/18 月曜日 2:23 PM

  土曜、日曜日TOSハウジングメッセにて、住宅ローンの相談コーナーに入らせていただきました。

土曜日はあいにくの大雨でお客様の数も少なめでしたが、日曜日は雨も上がり素敵なイベントも開催されており、家族連れで賑わっていました。展示場は夢がいっぱいあって、来場者の笑顔を見ていると私まで幸せのお裾分けを頂いた気分になりました(^^)

 ハウジングメッセでは、定期的にイベントを企画している(毎回、個性的です)ようですし、住宅購入は、まだ無理だとお考えの方も、休日は家族でイベントに合わせてお出かけになるのも楽しいと思います。

ここからは、住宅購入を真剣にお考えの方のためにアドバイス・・・ 

低金利の今、消費税が上がる前にと、住宅の購入をお考えになるかたが、多くなってます。実際に銀行に相談に行くと、殆どの場合、変動金利での住宅ローンを勧められるようですね。住宅ローンは借入額も大きく、長期にわたっての返済になりますので、金利ひとつとっても迷われるところではないでしょうか?

そこで、変動金利と固定金利の違いについて確認しておきましょう。

簡単に言えば、変動金利は返済完了までの借入期間中、半年ごとに金利が見直されるもので、固定金利は返済期間中完済までの金利が先に決められているという違いがあります。

変動金利は、固定に比べると、最初の金利が低く設定され、一見得なように感じます。

しかし、低金利の時代、今後金利が上昇する可能性も多くあり、借入先の銀行により、支払額が5年ごとに見直しされ、金利は半年ごとに見直しが行われる変動金利は、急な金利上昇の場合などは、金利だけ支払って元金が減ってないケースや、5年ごとに支払い額が上がり、最終的に支払えなくなるケースなどもあります。

住宅ローンを組む際に双方のメリット、デメリットをよく考え、目先のことに囚われずに将来を見据えた組み方が大切になります。

お客様の中で「知らなかった!」や「勘違いしてた」と、よく言われるのが、10年間は固定とうったった変動金利です。10年間固定だからと思っていても、固定されるのは支払額のみで、金利は半年ごとに見直されるものと、金利も10年間固定されているものと2種類ありますので注意が必要です。住宅ローンの内容をよく知り、納得したうえで決断しましょう。

住宅購入は人生でとても大きな買い物です。専門家にも、いろいろ話を聞いて十分な準備が必要ですね


“住宅ローン相談” への2件のコメント

  1. 桜木 より:

    私もローンの内容について、詳しく知りませんでした!勉強になりました、ありがとうございます^^

コメントをどうぞ

トラックバックURL

http://fp-heart.com/kanri/wp-trackback.php?p=494