menu

HOME > ブログ新着一覧 > 公的年金の損得勘定②

【知っておきたい年金の話】

2021/12/22 水曜日 3:21 PM

損なの!?得なの!?公的年金!!

今回は前回の記事に引き続き、

納める年金や受け取る年金を概算値で見ていく事で

公的年金を損得勘定の視点から考えていきたいと思います。

前回の記事では、『納める年金の何割が将来受け取れるのか』という視点から考察していきました。

 

☆前回の記事はこちらから

 

ですので今回は、『支払う保険料』を見ていきたいと思います。

 

厚生年金の保険料率は平成29年9月から18.3%に固定されていますので、

 

『厚生年金の保険料=年収×18.3%』

という計算式で、1年間の保険料が算出できます。

 

ちなみに厚生年金は『労使折半』のため、

被保険者の実質負担率は『年収×9.15%』となります。

 

仮に年収500万円のひとであれば

『500万円×9.15%=約45.8万円』

が1年間の概算保険料となります。

 

仮に年収500万円のまま、40年間年金を納め続けると、合計額は1832万円(45.8万円×40)です。

 

一方の受取額を見てみると、基礎年金は40年間の満額支給で約78万円

厚生年金は2.7万円×40年=108万円(前回記事参照)

 

78万円+108万円=186万円

 

上記の計算上、年間で受け取れる老齢年金は186万円となります。

納めた合計額は1832万円なので、

10年後には受け取る額が納めた額を上回り始めます。

 

このように損得勘定で考えてみると、年金制度も『意外と悪くない』ということがわかると思います。

それもこれも、厚生年金が労使折半のおかげといえるでしょう。

改めてお勤めの会社に感謝、感謝ですね。

 

ちなみに、今回の計算式は、

あくまで細かい計算を省いた概算値での計算の為、

実際の場合はもう少し変動があろうかと思います。

 

ご自身の年金に関して、細かく理解したいといった方は、

無料相談を受け付けていますので

別途お問合せフォームよりお申し込みください。

 

首藤

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL

http://fp-heart.com/kanri/wp-trackback.php?p=1577