menu

HOME > ブログ新着一覧 > 【人生100年時代】寿命の伸び率と生存割合の推移

2021/11/11 木曜日 2:37 PM

90・100歳まで生存する割合とは

みなさまこんにちは(*^^*)

 

医療の発展に伴い、日増しに長寿化が進む昨今、

『人生100年時代』といわれても、今や違和感を感じる方の方が少ないのではないでしょうか?

 

実際データでも如実な変化が表れており、

私が生まれた1990年頃は、

90歳まで生存する割合が、男性で22%、女性が46%、

100歳までの場合、男性で2%、女性が7%でした。

(※参考:厚生労働省/厚生労働白書 各年の生命表)

 

しかし、直近2019年を見てみると

90歳までの生存割合は、男性で36%、女性が62%

100歳までの場合、男性で4%、女性が16%となっています。

 

さらに2040年まで推計してみると

90歳時の生存割合は、男性で42%、女性が68%

100歳までの場合、男性で6%、女性が20%となります。

 

1990年~2040年の50年間で、100歳までの生存率は約3倍の上昇をみせているんですね(;'∀')

 

個人的にも、『昔に比べてご高齢の方が珍しくなくなってきた』と、肌感覚で感じていましたが、それは感覚ではなく、データでもしっかり表れていたんですね。

 

『平均寿命の伸び』自体は喜ばしいニュースですが、

FPとしては、寿命の伸びとともに発生するリスクも気になるところです。

 

特に、

『リタイア後の老後資金』と、『介護の備え』の2点は、平均寿命の伸びに伴って、きちんと考えておかなければいけない問題だと感じています。

 

このときに大切なことは、一般的な平均額を鵜呑みにすることなく、

『自分の場合は、どのように、どのくらい備えておくべきなのか』を明確にしておくことといえるでしょう。

 

私たちFPは『家計の専門家』として、その方に合わせた個別のライフプランを作成し、また将来にわたって継続的にサポートすることができます。

 

今後の長い人生において、安心できるライフプランを一緒に作成したい方は、ぜひお気軽にご連絡下さい(*^^*)

 

首藤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://fp-heart.com/kanri/wp-trackback.php?p=1513