menu

HOME > ブログ新着一覧 > 『フレイル』を知ろう。~介護の前段階への気付き~

2021/11/16 火曜日 4:57 PM

早速ですが、皆様は『フレイル』という言葉をご存知でしょうか?

 

『フレイル』とは、要介護状態に至る前段階の、年齢を重ねることによる身体や心の動き、社会的なつながりが弱くなった状態を指します。

 

フレイルがそのまま放置されると、要介護状態に陥る可能性が高くなるため、早めに気付いて適切な取り組みを行うことが大切となります。

 

フレイル予防のポイントは、『栄養』『身体活動』『社会参加』の三つ。

 

バランスの取れた食事、ウォーキングやストレッチなどの身体活動、趣味やボランティア、就労などの社会参加を毎日の生活に取り入れ、活力に満ちた日々を心がけることが大切となります。

 

現在は医療の発展に伴い、長寿化も進行を進め、介護の問題も大きな注目を集めています。

要介護状態になったときに、どう備えるかも考えておかなければなりませんが、介護が必要となる状態を、『いかに未然に防ぐことができるのか』も、取り組みとして非常に大切になってくるでしょう。

 

その為にも、まずは『フレイル』という状態を、理解しておくことが必要になっていきます。

 

私たちFPはーとさぽーと(株)では、介護関係の保険商品も多数ご用意しておりますので、お悩みの際はお気軽にご連絡ください。

 

首藤

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://fp-heart.com/kanri/wp-trackback.php?p=1499