menu

HOME > ブログ新着一覧 > 高価なサンマは美味しいのか?

2021/10/11 月曜日 5:30 PM

痩せたサンマが高いわけ

こんにちは(*^^*)

突然ですが、みなさんは今年、サンマは食べられましたか?

 

私はと言うと、もうここ2年ほどは食べられていません(´;ω;`)

 

というのも、”値段の割に味が...(;'∀')” と感じているからです。(生産者様ごめんなさいm(__)m)

 

さて今回は、そんなサンマの価格から見る、「値段の決まり方」について、考察していきましょう。

 

近年、サンマの水揚げ量は著しく減少傾向にあり、「秋の味覚」と言われたサンマも、私の中では「今は昔」の話となってしまっています。

 

それでも、

「旬のサンマを食べたい」といった需要も根強いため、

結果的に供給量が需要に追い付かず、価格が割高になってしまうんですね。

 

 

ここで注目すべきポイントは、”昔と比べ、割高なのに味は落ちている”という事実です。

 

私たちの頭の中では「値段が高い理由は、質が良いから」といったイメージを抱きがちですが、サンマの「価格と価値の関係」は、私たちの考えと一致していません。

 

もちろん、不漁の原因は様々あるでしょうが、

そもそも不漁だったということは、「育ちきっていない(少ない)」ということなので、

水揚げされるサンマの多くは、しっかり脂が乗り切れていない、やせっぽっちのサンマや、まだ成長余地のある若いサンマが多かったるするんでしょう。

 

それでも、需要に対して供給量が追い付いていないため、そのような脂の少ないサンマでも高値がついてしまう、といった現象が生まれてしまうんですね。

 

結局、”価格”を決めるのは”価値(おいしさ)”ではなく、”需要と供給の関係”も大きく影響するということなんですね。

 

このように、モノの値段の決まり方に注目するだけで、様々な気付きがあったりします。

 

日々の生活の中で、”プライスタグ”から世の中を考えてみることもおもしろいかもしれませんね(^^)/

本日は、”秋の味覚”から見る、身近なお金の話でした(*^^*)

 

※お金のお悩み相談も、無料にて随時お受けしております。

お申込みの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

 

首藤

 

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL

http://fp-heart.com/kanri/wp-trackback.php?p=1469